日本健康武道協会 Japan Wellness-Budo Associationとは

古来、武道とは殺法と活法が表裏一体となり成立するものでした。
殺法は読んで字のごとく殺す方法。これは身を守ることと共に立場上あるいは役職上人を斬ることもありました。
一方活法は、病んだ心身を治癒へと向かわせる術であり、おそらく養生法と言われるもの。健康のための術です。

翻って現代では、殺法とは護身術であり、他者から身を護るだけでなく、心身を鍛え整えることで自分を護ること、となります。
また活法は、現代医学にとどまらず、代替療法などの施療法のうち実効性のあるもの(効果・実績があるもの)をさし、健康体への道筋、と言えます。

当協会は、これら表裏一体となる武道の考え方を、現代に則した人間形成に必要な要素としてとらえた上で、心身ともに健康な人生を歩むための方法論として活かすために発足した団体です。

日本健康武道協会は「健康武道 健進会」の運営と級位・段位認定をおこなっています。

健康武道 健進会」とは・・・
体力をつける
心肺機能の低下を防ぐ
体幹を鍛えて体軸感覚を身につける
瞬時の判断力を身につける
多少の苦しさは乗り越える
その先に清々しさがあることを知る
良い汗をかく
思いやりや礼儀を覚える
仲間と共に有意義な時間を過ごす
そしてコツコツと続けていく
そんな思いを実現させるべく、「武道」を人生の質(QOL)を高める一つの手段として捉え、男性も女性も子供も、家族一緒でも参加できることをコンセプトに活動しています。
健康な心身を目指すための武道なので、競技・試合重視ではありません。
あくまで「敵は己の中にあり」の考え方のもと、コツコツと稽古を続けています。

  • 体力をつける・・・普段使っていない筋肉を使い、カロリーの消費量は抜群です。
  • 心肺機能の低下を防ぐ・・・内臓の機能は刺激をしないと低下します。デスクワークや運動をほとんどしない状態では内蔵機能は衰えます。
  • 体幹を鍛えて体軸感覚を身につける・・・体軸感覚は腰痛など様々な不調の予防対策として非常に効果があり、姿勢が良くなります。
  • 瞬時の判断力を身につける・・・人生には熟考しなければならない時と瞬時に判断しなければならない時があります。特にアクシデントに見舞われた場合、とっさの判断が生死を分けることもあります。
  • 多少の苦しさは乗り越える・・・稽古では筋肉が震えること、息が上がることもありますが、その少し先を目指すことで心を強くします。
  • その先に清々しさがあることを知る・・・頑張った自分を認めること、頑張った他者を称えることは心の安定を生み、融和の心を育みます。
  • 良い汗をかく・・・現代はストレスが多いもの。ストレス解消に役立ちます。
  • 思いやりや礼儀を覚える・・・大人ですら忘れかけている人が多い。子供とともに習慣にします。
  • 仲間と共に有意義な時間を過ごす・・・ひとりでストイックにやるのは長続きしないものです。仲間がいれば楽しくできます。
  • そしてコツコツと続けていく・・・継続は力なり。武道を続けることで本質をつかんでいきます。

日本健康武道協会
本部
東京都江戸川区南葛西1-3-17-1104
   いりかわカイロプラクティック
   
   03-5676-2587

代表・主席師範     入川 進
認定中級指導員     菅原 淳
認定初級指導員     秦 直子
               清水 丈晴
               倉橋 良之

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心技体…41

●現代の護身術を考える その23● 前回、日本は安全な国ではなくなったという話を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心 技 体…40

●現代の護身術を考える その22● 昨今の国内の事件・事故の報道を見聞きしている...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心 技 体…39

●現代の護身術を考える その21● 車が関わる痛ましい事故が後を絶ちません。無謀...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«心 技 体…38